上原note
2022.02.09

実家の古家に母が一人住まい・・

(ご相談)

将来不安な母を心配する長男からの相談です。
地方にある実家に80歳になる母が一人で暮らしています。
母は将来、動けなくなったら施設に入りたいと言っており、実家を売ってその資金に充てたいと思っています。
長男と次男の子供たちは東京で会社勤めをしており実家に戻ることができません。
母の体調が心配ですが、いい方法はありませんか?

(解決策)

お母様の体が動かなくなって施設に入居するには、纏まった資金が必要です。
そのためには、実家の売却が課題となります。現在のまま、お母様が認知症になってしまうと、実家を売却することができなくなってしまいます。家族信託を活用することで、そのリスクを回避することができます。長男が受託者となる信託を結んでおき、お母様の体調変化に応じて実家を売却する準備をしておきます。そのようにすれば、受託者である長男の判断で実家を売却することが可能です。売却代金はお母様のものですので、その資金で施設入居金に充てることができます。

お問い合わせ
ご相談・ご質問、お気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-201-180
0120-201-180
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム