上原note
2022.03.23

自分の人生を総括

最近の相続は、以前に比べずいぶん自由になった気がします
コロナの影響もあるのでしょうが、葬儀も家族葬が増え、友人知人までということが少なくなりました。
また、墓じまいなども進み、遺族の方だけでなく、生前からお墓を整理される方も多くいます。

そんな中、ご自身の財産についてもご自身の意思で整理をする方が増えています。
財産を子孫に残すということが美徳とされていた時代は過去のもの、自分の財産は自分で整理するのが当たり前ということでしょう。

最近は「おひとり様」も多く、子供や配偶者もいないといったケースも少なくありません。
すでに、縁遠くなってしまった兄弟姉妹には財産を相続させる気もなく、身近な知合いに遺贈したり施設に寄付を申し出る方もいらっしゃいます。

このようにご自身の意思を明確にして自分の人生を総括したいと思うなら、

  • 遺言を書く
  • 家族信託を利用する
  • 生前贈与、死因贈与を利用する

などにより、ご自身の考えを明らかにしておくことが必要です

一度、身の回りを考える時間を取ることも大切に思います。

住宅取得資金贈与の非課税の改正
相続人が認知症になったら
「上原note」の一覧に戻る
お問い合わせ
ご相談・ご質問、お気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-201-180
0120-201-180
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム